ブログ

入れ歯もインプラントの時代が到来

前回のような難症例の入れ歯を作成し患者さんを満足させる事の出来る歯科医師は非常に少なく、多くの患者さんは合わない入れ歯を我慢する生活を強いられているのが現状だ。

こういった問題を解決する方法として最も患者さんの満足を得られ、かつインプラントの効用を最大限に利用したものが、インプラントを支台とした入れ歯、オーバーデンチャーである。

これはインプラント2~4本を顎に埋め込んで入れ歯をしっかり固定し、外れにくくする方法だ。この方法は最も安価で身体的な負担も小さいインプラント治療法であり、患者さんが自由に取り外せるため、取り扱いが簡単である。その上、上顎の場合には口蓋を覆う部分をなくす事が出来るので入れ歯を小さく出来、不快感も軽減できる。

オーバーデンチャーにも色々な種類や方法があり、個々の患者さんの顎の状態、本人の希望、予算に応じて選択する事が出来る。

総入れ歯だけでなく、部分入れ歯にも適用でき、現在使用中の入れ歯を利用して作製する事も可能だ。部分入れ歯の場合、歯が抜けた時は入れ歯に歯を足す事ができ、また将来的に取り外せない固定式の入れ歯タイプ(オールオン)に作り替える事も可能になってきている。 顎の骨の吸収が大きい方や入れ歯をもっと安定して噛みたいと願望される方には最適な方法と言えるだろう。

歯科のインプラントの普及に合わせて、このようなインプラントを用いたオーバーデンチャーも今後、ますます進化していくものと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る