ブログ

歯肉炎・歯周炎の病態の違い 歯周病の進行3 

‐歯周炎‐

プラークが長期間歯肉溝に停滞すると、プラークや炎症が歯の根っこのほうに向かって進み、歯を支えていた骨や歯根膜がなくなっていきます。その過程で健康な歯肉では1~2mmの歯肉溝が深さ4~5㎜以上になり、「歯周ポケット」となってしまいます。この状態が「歯周炎」です。歯周炎が、進行すると歯はぐらつき、歯根の先まで歯槽骨などの支持組織がなくなり、最終的には歯が脱落してしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
  • 動画でみるしみず歯科
  • wesmile
ページ上部へ戻る