ブログ

歯周病の治療② スケーリング(デブライドメント)

歯周病の治療② スケーリング(デブライドメント) ブラッシングがうまくいくと、歯ぐきの腫れがおさまったり、歯ぐきからの出血がおさまります。しかし、歯ぐきの内側や中についたプラークや歯石はブラッシングだけでは取れないので、歯科医師、または歯科衛生士が専用の器具、機械を用いた「スケーリング(デブライドメント)」で除去します。このとき、「スケーラー」という金属の器具や、「超音波スケーラー」という器械が使用されます。この治療により歯ぐきがさがる事がありますが、これは歯周ポケットが減った、つまり歯周病が治ってきたことを意味するよい徴候です。また、一時的に歯がしみる症状(知覚過敏)がでることがありますが、薬を塗るなどの対応が可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る