レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療の様子

レーザーは1秒間におよそ1兆回以上も振動するエネルギーの強い光です。このレーザー光線を照射することによって治療的効果を出す方法です。レーザーは出血させずに悪いところを除去するだけでなく、痛みを和らげたり腫れをおさえ、キズの治りを早くする効果もあるため、麻酔を使用せずに治療することも可能です。また、虫歯治療には、歯を削るときの振動や削る音が無いため、不快感を感じることなく、痛みの少ない治療を受けることができます。

レーザー治療のメリット

  • メリット1:1回の治療時間が短縮できます。
  • メリット2:削らず麻酔なしで虫歯治療が行えるため、麻酔による副作用の心配がありません。
  • メリット3:治療後すぐに食事も取っていただけます。また傷になるこもほとんどありません。
  • メリット4:歯を削る時のキーンという不快な音もないため、お子様の心理的不安も取り除けます。

レーザー治療による症例

知覚過敏
歯の表面に薄い膜ができて、あなをふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。
口内炎/口角炎
レーザーで治療することにより、痛みもすぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯が当たってできる潰瘍にも効果があります。ハードレーザーで、大体1~2回で完治します。
矯正の痛み:
矯正することで歯が動く痛みが現れますが、歯ぐきに照射することで痛みを和らげます。
歯茎の黒ずみ
メラニンという色素により、歯グキが黒くなることがあります。こんな時もレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。 数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変わります。
顎関節症
あごの関節の痛みを和らげます。レーザーを顎関節部(耳の前下方に位置)に照射すると痛みが軽減し、開きづらかった口が開く様になります。

当院では特性の異なるレーザーを使い分けることで
高いレベルの無痛治療を実現しています

  • 炭酸ガス
    レーザー

    炭酸ガスレーザー

    日本の歯科医院で最も多く使われているレーザーです。しかしパワーが強く制御が難しいため、歯茎を大きく切開する時などには便利なのですが、それ以外の治療には向いていません。

  • ネオジウムヤグ
    レーザー

    ネオジウムヤグレーザー

    歯肉や歯に対して透過性の高いレーザーです。歯を削るというよりは歯茎に使うことが多く知覚過敏や根管治療に効果的です。歯周病や顎関節、神経麻痺などにも使用しています。

  • エルビウムヤグ
    レーザー

    エルビウムヤグレーザー

    歯肉や歯に対して透過性が低いレーザーです。歯や粘膜のごく表層にしか作用しないので、虫歯だけを削るといったことが可能です。ただ、高度な専門的知識と技術が必要なレーザーなので、まだ導入している歯科医院は少ないのですが、最も将来性が高いレーザーと言われています。

院長からひとこと

院長からひとこと

レーザー治療といっても、炭酸ガスレーザーのみを使用している歯科医院がほとんどなのが実情です。実は無痛治療を実現するためには最低限この3台のレーザーを使いこなすことが必要です。

それぞれのレーザーの特性を理解し使いこなすと、とても効果的で快適な治療が行えますので、まずはぜひ一度当院でお確かめください。(症例によっては使い分けなくても大丈夫なケースもございます。遠慮なく担当医にお問い合わせください)

  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る