ブログ

ホワイトニングのメリットとデメリット

<メリット>

ホワイトニングの大きなメリットは、削らずに歯を白くさせることにあります。

ホワイトニングは専用の薬剤を塗布しますが、副作用などのリスクも少なく、比較的安全に歯を白くすることができます。

また、オフィスホワイトニングの場合、短期間で歯を白くできるというメリットがあり、ホームホワイトニングと組み合わせることで、持続性も確保することができます。

近年ではホワイトニングの技術が進歩し、歯の色合いや明るさも自分好みに調節することができるようになったため、より自分に合ったホワイトニングを行うことができるようになっています。

<デメリット>

一般的にメリットの大きいホワイトニングですが、デメリットもいくつか存在します。

その1つに、継続ケアの必要性があります。

一度ホワイトニングを行っても、効果が永続的に続くわけではありません。

持続期間はホワイトニングの種類によって異なり、オフィスホワイトニングの場合は、短いと3ヶ月、一般的には6ヶ月ほどで効果が薄れていきます。

ホームホワイトニングの場合は、オフィスホワイトニングよりは長く効果が持続しますが、それでもおよそ1~2年くらいが目安となっています。

そのため、白い歯を保持していくためには、定期的に検診を受け、必要に応じて追加のホワイトニングを行う必要があります

もう1つのデメリットは、補綴物には効果がないということです。

そのため、入れ歯や差し歯をしている場合は、そこだけ浮いて見えてしまうという欠点があります。

このような場合は、入れ歯や差し歯を作り直すか、あるいは部分的にホワイトニングをすることで、バランスを取る必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る