小児歯科

健やかな未来のために

「乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わるから、虫歯になっても大丈夫・・・」

そんな風に思っているお父さん・お母さん、乳歯の健康はその後のお子さまの成長や発育に大きな影響を及ぼします。

乳歯の虫歯が及ぼす影響

小児歯科の様子
  • 永久歯にも虫歯ができやすい
  • 永久歯の歯並びが悪くなる
  • 永久歯の形成不全
  • あごの発達不全
  • 身体の発育不全
  • 構音障害(発音が正しくできない)

お子さまが将来、虫歯の無いきれいな歯並びと、良い噛み合わせになるためには、予防も含めた早い時期からのしっかりとしたケアが大切です。

当院では、お子さまの年齢・発育ペースを十分に考慮し、将来の永久歯のことを考えながら、治療方針を立てていきます。お父さん・お母さんと一緒にお子さまのお口を守っていくお手伝いができれば幸いです。

小児歯科治療のポイント

音や痛みの少ない最新治療

最先端のレーザーにより、歯を削る音や痛み、口の中に水がたまる不快感が無い治療を提供しています。お子さまの恐怖心や心理的負担が取り除かれ、安心して治療に望んでいただくことができます。

削らない虫歯治療

レーザー治療は、レーザーを照射することによって虫歯を取ります。従来の治療のように削らないため麻酔無しでの治療が可能であり、副作用の心配もありません。お子さまに優しい治療法です。

診療台にテレビを設置

お子さまの緊張を和らげるため、各診療台にテレビモニターを設置し、歯に関する教育ビデオやアニメを映しています。

個室診療室完備

お子さまや付き添いのお父さん・お母さんが人目を気にせずリラックスして治療を受けていただけるように個室診療室も完備しています。ご希望の方はおっしゃってください。

笑気ガスなどによる鎮静方法

笑気ガスは麻酔の一種です。恐怖心がやわらぐため、特に歯医者さんを嫌がるお子さまの場合はおすすめしております。

予防歯科診療

乳歯が生え、永久歯に生え変わる小児期の虫歯予防は、その後のお口の健康のためにとても大切です。当院では虫歯の治療だけでなく、予防にも力を入れております。

小児歯科の様子

歯医者さんは怖くないよ!

小児歯科の様子

お子さまを歯医者さんに連れて行くことになったら、そのことをお子さまに伝えて心の準備をさせてあげてください。嫌がったり怖がったりしているように見えてもお父さん・お母さんが一生懸命説明すれば、お子さまなりに理解してくれます。

行きたがらないことを心配して不意打ちで連れて行ったり、「今日は見るだけだから」と嘘を言ったりせずに、事前にできる限り丁寧に説明してあげてください。

こうした準備が、当日の治療をスムーズにする助けとなります。また、治療後は家族全員でちょっと大げさなくらいほめてあげましょう。お子さまに少しずつ自信がつき、治療に対する意欲がわくだけでなく、精神的な成長にもつながります。

フッ素塗布

乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は軟らかく磨きにくいため虫歯になりやすく、完全に固くなるには2~3年かかると言われています。そこで、早くに歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にするためにフッ素を塗布します。

フッ素は、強い歯を育てるための栄養剤です。年3~4回の塗布を定期的に継続していくことで徐々に酸に強い歯を育てていきます。

また、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。

歯に直接塗るため、市販の歯みがき剤よりも効果的に成分を取り込むことができます。

  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る