器具の消毒・滅菌

医療法人社団しみず歯科の滅菌に対する取り組み

当グループにおける「治療用器具・設備」の消毒・滅菌について、実際に行っている取り組みをご案内させて頂きます。従来、当然のことであるという認識だったため、特にページは設けていなかったのですが、昨今歯科業界における信じられないようなニュースが飛び交い、現状を危惧するとともに、しっかりとご説明をする必要があると判断させて頂きました。当グループでは、今までも、これからも、以下の取り組みを行っておりますので、どうぞご安心ください。

  • 金属系の治療器具は、患者様ごとの使用毎に高圧滅菌処理を行っています。
  • シリコン・ゴム系の治療器具は、患者様ごとの使用毎にガス滅菌処理を行っています。
  • 処理後の器具は、滅菌パックにて梱包処理をしています。
  • コップ・注射針などは、使い捨てタイプのものを使用しています。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)
高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)
高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

金属系の治療器具については、オートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器にて、患者様への使用ごとに滅菌処理をしています。130℃の高温高圧によりすべての細菌・ウィルスを完全に死滅させることができますが、高温に耐えきれない器具については使用することができません。そのような器具については、EOG滅菌を使用しています。

EOG(エチレンオキサイドガス)滅菌

EOG(エチレンオキサイドガス)滅菌
EOG(エチレンオキサイドガス)滅菌

ゴム・シリコン・ガラス系の治療器具については、EOG(エチレンオキサイドガス)滅菌にて徹底的に処理をしています。滅菌ガスは比較的低温で強い殺菌力を発揮しますので、被滅菌物への浸透性に優れ、金属腐食やプラスチック類に変形・変質等の悪影響を与えない殺菌・消毒剤として、長年多くの医療分野に幅広く使用されています。

個別包装

個別包装

滅菌後の器具は、患者様毎に梱包処理をさせて頂き、使用直前に開封することを徹底することで、院内感染を防いでいます。

ディスポーザブル

ディスポーザブル
ディスポーザブル

患者様が使用する紙コップ・紙エプロンはもちろんのこと、麻酔時の注射針・注射液・点滴などの輸送バッグなどもすべてディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しています。

また、スタッフ側で使用しているゴム手袋も、患者様毎に使い捨てを徹底しており、院内感染を極限まで防ぐ体制を整えております。

医療法人社団しみず歯科では、上記の取り組みを徹底して行っておりますので、どうぞ安心してお越し頂けましたら幸いです。ご不明点あれば、いつでもスタッフにお声がけください。今後ともよろしくお願い申し上げます。

院長 清水 浩明

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る