ブログ

歯肉炎・歯周炎の病態の違い 歯周病の進行2

歯肉炎

 

‐歯肉炎‐

歯肉溝にプラーク(歯垢)がついた場合、プラークの中にいる細菌には毒素を出して歯肉に侵入しようとするものがいるので、身体はそれを阻止しようとする白血球などを動員し、その部分で細菌と身体の間に“戦い”が起こります。すると、結果的に歯肉は“焼け野原”のような状態になります。それが、「炎症」という病状で、歯周組織に炎症が起きると、歯肉の出血や腫れなどを引き起こします。これが「歯肉炎」の状態で、この段階では歯を支える歯槽骨や歯根膜には影響がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

クリニックブログ

私たちが更新しています
  • ご相談はこちら
  • 医院へのアクセス
  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る